スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

なんですと!?

ジェイムズ・P・ホーガン氏が死去 「星を継ぐもの」などハードSFの巨匠
「星を継ぐもの」などで知られる英国出身のSF作家、ジェイムズ・P・ホーガン氏が7月12日、アイルランドの自宅で死去した。69歳だった。

 1977年のデビュー作「星を継ぐもの」は、「月面で見つかった死後5万年の死体」を発端とするハードSFであり、ミステリでもある傑作として好評を博し、日本でも星雲賞を受賞。続編の「ガニメデの優しい巨人」や、「創世記機械」など、ハードSFの巨匠として知られた。「未来の二つの顔」は星野之宣氏によって漫画化された。
ソース
(´・ω・`) ハードSFは人を選ぶ作品だけど、星を継ぐものから始まる巨人のシリーズは昔読んだ覚えがあります。
人に奨められて読んだけど、面白かったなぁ…
でもSFに興味がない人は、どう読むんだろう?

そういえば、最近SF作品を久しく読んでないな…
久しぶりに星を継ぐものでも読んでみよう。

でも、もう続編が読めないんだなぁ…

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。 綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。 果たし...
 

comment

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。