スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

南米の生き残りは…

オランダ、ウルグアイ下し32年ぶり決勝進出!
 サッカーW杯・南アフリカ大会は6日、ケープタウンで準決勝第1試合のウルグアイとオランダが対戦、オランダが後半に2点を勝ち越し、ウルグアイを3-2で下した。オランダは32年ぶりの決勝進出。

 オランダは前半18分にファンブロンクホルストのミドルシュートで幸先良く1点を先制したが、同41分に追いつかれる。1-1の後半25分、エリア左でパスを受けたスナイダーが右足のシュートをゴール右隅に決めて勝ち越しに成功。スナイダーは今大会5点目で、ビリャ(スペイン)と並ぶ得点王争いのトップタイ。

 オランダは続けざまに同28分、ロッベンがカイトのクロスを頭で叩き込み、決定的な3点目を挙げた。

 ウルグアイは、エース・フォルランの強烈な左脚ミドルシュートで前半は同点で折り返し、後半終了間際にM・ペレイラが執念のシュートを放ち、1点差としたが2点のビハインドは重かった。
オランダ・ファンマルウェイク監督
 「非常にうれしく、誇りに思う。本気で信じれば、不可能なことはない。終盤はハラハラしたが何とか生き延びた」

ウルグアイ・タバレス監督
 「準決勝を戦うにふさわしいチームであることは証明できた。得点能力によりたけたチームが勝った。悲しみ以上に満足感がある」
┌──────────────
|    ソ ー ー ス        │     
└────v─────────┘
        |!
     /ミ !彡
     |`=、|,='|
      、 _!_ /
    / ミ`┴'彡\ 
     ウルグアイ
南米勢、全て消えてしまいましたねぇ(´・ω・`)
でも、ウルグアイは健闘しましたね。
3-1で負けるかなと思ってたけど、最後の最後に1点決めたのには感動しましたよ。

ところで、コレを書いてる最中に、川島がベルギーで記者会見やってる様子がテレビに流れていたんですが…

川島選手が英語しゃべってる姿に驚いたです><
あそこまでしゃべれるとは知りませんでした。
海外に行くなら、やっぱ現地のメンバーとのコミュニケーションが大事だし、GKならなおさら。
そんな中、川島は大丈夫なんだろうかと思ってた矢先にこの映像。
あんな風にしゃべれるのなら、大丈夫なのかもしれませんね。

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

tag : 日記 W杯 サッカー オランダ ウルグアイ グアイ兄弟

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。