スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

あれま、監督変わるの?

サッカー=バルセロナ監督、後任の人選は「賢明な判断」
 サッカーのスペイン1部、バルセロナの指揮官を今季限りで退任するジョゼップ・グアルディオラ監督は27日、後任にティト・ビラノバ・コーチ(42)を昇格させる人選について、「賢明な判断」と評した。

グアルディオラ監督は親友であり、ユース時代の同期生でもあるビラノバ・コーチについてかねて信頼を寄せており、試合中に戦略的な助言を求めたこともあると退任会見の席で認めた。

同監督は「(ビラノバ・コーチは)選手たちがすでに知っていて、力もある。2人で培ったアイデアを、これからは彼がクラブと選手たちに与えてくれるだろう」と述べ、クラブの人選は賢明な判断だとも語った。

現役時代は平凡な選手だったビラノバ・コーチは2001─02年シーズン半ばからバルセロナのユースチームの指導をスタート。現在クラブの主力選手であるリオネル・メッシ、セスク・ファブレガスやジェラール・ピケら、その多くを10代の頃に指導している。

教え子の1人であるセスクは短文投稿サイト「ツイッター」で、次期監督について「人として素晴らしいだけでなく監督としても優秀。新しいチャンスでの成功を祈っている」とコメントした。
ソース
(´・ω・)ツイッターでのコメントを拾うとは、世も変わったなあと思ってみたり。
一方私が応援してるマンUは
サッカー=マンU監督、「マンCは今や最大のライバル」
 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督は、マンチェスター・シティー(マンC)が最大のライバルになりつつあることを認めた。

ファーガソン監督は26日、マンCを直接の敵であり、タイトル争いのライバルと評価。「われわれの優勝を阻めるチームに対して集中している」とし、「今後、大事な試合でマンCと戦うことに慣れなければならない」と、警戒を示した。

マンUのライバルと言えばリバプールが知られるが、同監督は「マンC戦はリバプールとの試合と同じくらい重要になるだろう。気持ちの上ではリバプール戦には及ばないかもしれないが、試合の重みという点で言えばいまやリバプール戦以上だ」と語った。

マンUは今季3試合を残して、マンCに勝ち点3差の首位。30日には敵地での直接対決を控える。ファーガソン監督はたとえ引き分けで十分だとしても、全力を挙げて勝ちに行くと意気込んだ。
ソース
頑張れ、超頑張れマンU!!!!!!!!!1

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : サッカー

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。