スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

どうせなら

【尖閣諸島「年内に購入」 都知事表明】
中国政府強く反発する見通し/都職員「何かあるとは思っていたが」
 訪米中の石原慎太郎東京都知事は16日、ワシントンで講演し、東京都が沖縄県・尖閣諸島の購入へ向け最終調整を進めていることを明らかにした。同諸島を個人所有する地権者と詰めの交渉をしており、年内の取得を目指すとしている。

 中国は日本側が尖閣諸島周辺を含む無人島を命名したことに強く抗議しており、都による同諸島買い取りが実現した場合、中国のさらなる反発は避けられない。日中間の新たな火種となりそうだ。

 東京都によると、購入交渉しているのは、尖閣諸島の魚釣島と北小島、南小島。石原氏は購入目的について、中国が領有権を主張していることを念頭に「東京が尖閣を守る。どこの国が嫌がろうと、日本人が日本の国土を守るため」だと強調。同時に、政府が同諸島の実効支配を維持していくための対抗策を十分取っていないと強く批判した。購入予定金額は明らかにしなかった。

 石原氏は講演後の記者会見で、購入する範囲は尖閣諸島のうち、個人が所有する島の全てとなるとの見通しを表明。地権者とは「基本的に合意している。代理人同士が交渉している」と述べた。購入後の管理については、同諸島を行政区域とする沖縄県や同県石垣市と協議する意向を示した。
 沖縄県石垣市の中山義隆(なかやま・よしたか)市長は、石原都知事の発言について「好意的に受け止めている。市との共同所有が望ましい。知事が帰国したら考えを聞きたい」と述べた。

  石原知事は、尖閣諸島近海は好漁場であり、海底資源も豊富と指摘。中国の漁業監視船が周辺に頻繁に姿を現すことを踏まえ「このままでは、島がどうなるか分からない」と強調した。

▽中国メディア、相次ぎ報道
 【北京共同】東京都による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の購入の意向を表明した石原慎太郎都知事発言について、中国メディアは17日、日本メディアの報道を引用する形で相次ぎ報道した。中国政府も国内の反応を見ながら強く反発する見通しだ。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は「日本の右翼分子の石原氏が年内に釣魚島の購入を検討していると宣言した」と報道。石原氏は日本の右翼勢力の代表で極端な発言を繰り返しているとしたうえで、こうしたことを中国人も熟知していると付け加えた。

 ただ同日午前中は、国営通信の新華社や中央テレビは全く報じなかった。中国外務省もコメントの要請に応じなかった。

 中国政府は、河村たかし名古屋市長の「南京大虐殺」否定発言について「地方の問題」として「国の問題」から切り離して処理する考えを強調してきた。

 しかし尖閣諸島は中国の領有権問題に関わることから地方の問題と切り捨てるわけにはいかず、東京都の対応や日本政府の意図を見極めるため分析に時間をかけているもようだ。
▽都職員、事前に知らされず 
 訪米中の石原慎太郎東京都知事から飛び出した沖縄県・尖閣諸島の購入構想。「全ては知事の帰国後に詰めなければいけない」。都庁職員のほとんどが事前に知らされておらず、17日早朝から対応に追われた。

 報道課は17日未明(現地時間16日午後)のワシントンでの講演に備え、3人が前日から泊まり込んだ。インターネットの中継で初めて内容を知り、他の職員も早めに出勤するなどした。

 課員の一人は「知事が訪米前に『大いに物議を醸してくる』と言っていたので何かあるとは思っていたが」と話した。

 政策課によると、1件当たり2億円以上で2万平方メートル以上の土地購入契約の場合、都議会の議決が必要になる。予算措置や審議会のチェックなど課題も多い。

 担当者は「関東近辺に一部都有地があるが、これほど離れた都有地は聞いたことがない。購入目的も議会にきちんと説明しなければいけない」と話した。
ソース
そこに米軍基地おいたらどうでしょうかね?
住民いないから住民に迷惑かけるわけでもなし、アメリカも日本に基地置けるわけだし

テーマ : 本日気になったネタ
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。