スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

どこまで続くか、いつまで続くか。

(´・ω・`) 最近のアイスランドは不運続きなような気がする。
一昨年の金融危機でしっちゃかめっちゃかになって
どうにか立て直したかなと思った矢先にコレだもの。

火山灰、ロシア到達…欧州空港閉鎖24か国に
 アイスランドの火山噴火による欧州の空の乱れは17日も収束の気配がなく、火山灰は風に乗ってロシア国内まで到達。
 欧州の航空運航状況を統括するユーロコントロールなどによると、空港閉鎖は旧ソ連圏のベラルーシやウクライナにも広がって少なくとも24か国に及んだ。
 17日午前(日本時間同日夜)現在、航空機が運航しているのはスペイン、ギリシャなど南欧に限られ、混乱の影響は欧州の経済、社会生活にじわじわと広がっている。
 ユーロコントロールによると、17日は全欧州で運航が予定される約2万2000便の7割強の約1万6000便が飛べなくなるとの見通しを示した。日本航空では、15~18日の4日間で欧州便の運休は計36便で、8000人以上に影響するとみられる。
 欧州最大のロンドン・ヒースロー空港の発着停止措置は18日午前1時(日本時間同9時)まで延長された。空の足の回復の見通しが立たない中、鉄道や自動車、船舶の需要が高まり、混乱は陸や海の足にも拡大している。
 アイスランドでは、エイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山噴火が17日も続き、付近の住民も避難したままだ。16日には同国沿岸警備隊機が上空約9000メートルで火山灰を確認したという。
ソース

(´・ω・`) ちなみに噴火した場所は…
エイヤフィヤットラヨークトル氷河のあたりだそうです。
エイヤフィヤットラヨークトル氷河ってなんか早口言葉みたいに感じてしまう不思議。

ちなみにエイヤフィヤットラヨークトル氷河ですが、
アイスランド語の言葉で
島(エイヤ:eyja)
山(フィヤットラ:fjalla)
氷河(ヨークトル:jökull)
だそうです。
「島の山の氷河」氷河…
なんかサハラ砂漠が砂漠砂漠って言ってるようなもんのように感じてしまいます。
あくまで個人的な意見ですが。

(´・ω・`) 前々から、温泉資源が豊かな土地と言われていましたからね。
だから噴火はいつでも起こるだろうなぁと思っていましたが
いざ噴火してみると、相当な被害がでましたね。
まさかこんなに火山灰が飛んでいくかと…
偏西風の関係でこんなことになっているんだろうけれども…
一体この火山灰の被害はいつまで続くんだろうか?

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : アイスランド 火山灰 飛行機 空港

 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[アイスランド]噴火で空は大混乱

中国ではなんでそういうところばっかりで?という青海省のチベットに近いところでの地

アイスランド火山噴火で欧州混乱

アイスランドである火山が2世紀ぶりに噴火し、それが大規模な噴火だったため、火山灰が欧州北部の広い範囲に広がり、航空便が大きく乱れているとのこと。 火山灰がエンジントラブルにつながるのをおそれ、航空便の欠航や空港閉鎖が相次いでいるそうです。現時点では13カ国..
 

comment

一歩間違えれば日本まで届くんじゃね?って思ってしまった
火山噴火のエネルギーって凄いらしいしね

(´・ω・`) 偏西風に乗ってしまえば、日本には届くんじゃないですかね?
ただ欧州のように膨大な被害が広がるわけではないだろうけども…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。