スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

瓶の正体。

民家からラジウムを回収
    瓶に「夜光」の文字―世田谷の高放射線量・文科省
 東京都世田谷区の区道で高い放射線量が検出され、隣接する民家の床下から放射性物質のラジウムが入った瓶が見つかった問題で、文部科学省は14日午後、この民家から放射性物質を回収した。回収後、民家付近の放射線量は周辺環境と変わらないレベルに低下した。
 文科省によると、回収作業は委託を受けた専門業者が実施。ラジウム226とみられる粉末が入った瓶などは鉛容器と金属缶に入れ、瓶が入っていた木箱などはドラム缶2個に入れて回収した。業者が管理する貯蔵施設で保管するという。
 同省によると、瓶の一部には、「日本夜光」と書かれたラベルが貼ってあった。ラジウムは医療用に使われるほか、過去には時計の文字盤などの夜光塗料の材料に使われていたという。 
ソース
(´・ω・`) 朝方かしら?
あの例の瓶見てなんだろうと思ったのは。日本夜光ってことは夜光塗料ですよね。

日本夜光(塗料会社)の概要とラジウムの歴史
(´・ω・`) ↑のまとめがわかりやすかったので載せておきます。
ラジウムに関しては私も昨日若干調べました。
買っててよかった、世界一美しい元素図鑑。
ちなみに昨日書いたラジウム水飲んで顎腐ったっていう話はその元素図鑑に書いてあった話ですわ。
確かに夜光塗料と言われて納得できますね。
茶色い瓶は遮光するっていうから。

しっかし、この原発事故がなかったら、あの瓶はずっとそこにあったんでしょうね。
んで、今は人が住んでないからいつか取り壊しになるでしょう。
そんで取り壊したときに粉末状のラジウムが飛び散って…なんてことにならなかったからいいと思うべきなのかしら?

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。