スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

中身は飲めないけど欲しい!

ゴジラ熱再び 焼酎ボトルフィギュアが発売
 リアルな「ゴジラ」の焼酎ボトルが3,000本の限定生産で今秋登場する。

 いよいよ来年、全米で公開される「ゴジラ」のリメイク版。ファンをがっかりさせるほど酷評だったハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」が公開されたのは1998年、今度は3Dになって帰ってくる。ワーナー・ブラザースと共に共同で製作を行うレジェンダリー・ピクチャーズは、元のキャラクターを生かし、ファンが見たいゴジラを製作したいとの意向を発表しており、日本のゴジラファンの期待も高まっている。
 そんな「ゴジラ」熱が高まりそうな雰囲気が漂う日本でも「平成ゴジラ」の対決シリーズで人気を博したビオゴジ(89年公開のゴジラVSビオランテに登場するゴジラ)をベースとする、リアルなフィギュアを使用したコラボレーション商品が登場する。
 今回、その商品を発売するのは小西酒造だ。オリジナルブランドの焼酎“白雪”を陶器製のビオゴジ・フィギュアでボトル化した「破懐王 SAKEゴジラ」と命名されたもので、限定3,000本を販売する。商品化までに2年を要し、原型は同ゴジラシリーズでスペースゴジラなどの造形を手掛け「陰陽師」をはじめとする日本の著名作品で特殊造形や特殊メイクに携わった造形師・伊藤成明が担当、さらに「ゴジラVSビオランテ」以降、6作品の特技監督を務めた川北紘一が監修を務める。スタートから、かなりのこだわりが見られたが、出来上がった原型は美濃焼で有名なカネ幸陶器の手により窯焼きの誤差を調正して、可能な限りディテールの再現を目指したという。そして、手作業によるオリジナルの彩色に近づける行程によって、さらに完成度の高いものとなっている。

 監修を務めた川北紘一は「私が特技監督として演出した平成ゴジラシリーズを見てくれた子どもたちも、もう立派な大人。その頃を懐かしんで欲しいという願いを込めて、敢えて破壊王の“壊”を“懐”とした。大人のゴジラファンとして、飲んだ後も存分に堪能してもらいたい」と語った。
ソース

(´・ω・`) これはすごい。
こういうの欲しいんですけど、中身が飲めないからどうしたものか…外だけ売ってくれないかな><;

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。