スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

大関としてガンバレー

四字熟語は若貴で注目=昇進伝達式の口上-琴奨菊・大相撲

 琴奨菊は大関昇進伝達式の口上に「万理一空(ばんりいっくう)」という言葉を入れた。横綱、大関昇進時の口上の四字熟語は、平成に入って貴乃花ら二子山勢が使ったことではやり始めた。
 貴乃花は1993年初場所後の大関昇進時に「不撓不屈(ふとうふくつ)の精神で相撲道に精進します」と述べた。新横綱では「今後も不撓不屈の精神で、力士として不惜身命(ふしゃくしんみょう)を貫く所存でございます」となり、大関時代の言葉を残して、さらに一語を加えた。
 若乃花は新大関で「一意専心」、横綱昇進時は「堅忍不抜(けんにんふばつ)」に変えた。新大関貴ノ浪は「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」だった。
 琴奨菊の兄弟子だった琴光喜は「力戦奮闘」を誓った。武双山は「正々堂々」。モンゴル出身の白鵬と日馬富士は、大関昇進時はともに「全身全霊」を使い、白鵬は横綱昇進の際には「精神一到」を選んだ。
 糖尿病に悩まされた隆の里は大関昇進時に「健康管理に務め」と言い、新横綱でも「節制に務め」とした。膵臓(すいぞう)炎があった旭富士は横綱昇進時に「健康に注意しながら」と述べている。
ソース
(*´・ω・`*) 大関昇進おめでとうございます!
万里一空「ばんりいっくう」
どんなに遥か遠くまでいっても、空は一つしかない。
つまり全てのものは一つの世界に留まっている事。
宮本武蔵が説いた精神的な境地で、「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地とも攬る(この世にある全ての世界を一つにして、その世界を制覇する...とかいう意味)」
は心に簡素でありながらも動揺せずに冷静である事が望ましい、という事。
目標を見失わずにそれに励む、という意味でも使われます。
…だそうです
(´・ω・`) 口上は楽しみですよね。
知ってるようで知らない四文字熟語とかでてきますから、勉強にもなりますし。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。