スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

猪突猛進

イノシシ9頭が車と正面衝突 岐阜の国道、運転男性が重傷
 12日午前零時50分ごろ、岐阜市日野南の国道156号で、同市日野東の会社員男性(32)が運転する軽乗用車に、9頭のイノシシの群れが次々と衝突し、弾みで車は縁石を越え路肩で止まった。車は大破し、男性は鎖骨を折る重傷を負った。
 岐阜中署によると、親1頭と子8頭とみられ、親は体長1メートル、子は50センチ。イノシシは1列で走ってきたという。最大で40メートルほどはね飛ばされ、いずれも即死した。
 現場は金華山の東側で、飲食店などの並ぶ市街地。岐阜市農林園芸課によると、金華山で登山客がイノシシと遭遇するケースはあるが、「街中まで下りて来た例は聞いたことはない」という。
 野生動物管理学研究センター(岐阜市)の鈴木正嗣センター長は「野生動物が人の居住スペースの近くで生息し、人を恐れなくなってきている」と指摘。「イノシシが停車中の車にぶつかってくる可能性は低いので、車を止めていなくなるのを待つのがいい」と話している。
ソース
(´・ω・`) 9頭もぶつかってきてみんな即死とは…
それに運転していた男性も重傷だなんて、すごい力ですね。

そんで、ちょっと調べてみました。イノシシについて。

習性、特徴
古くから狩猟の対象とされてきた動物の一つであるが、非常に神経質で警戒心の強い動物である。普段より見慣れないものなどを見かけると、それをできるだけ避けようとする習性がある。また非常に突進力が強く、不用意に接近した人間を襲うケースも多い。イノシシは70kg程の体重がある上、時速45kmで走る事も可能であり、さらに牙も生えているため、イノシシの全力の攻撃を受けると、大人でも大けがを負う危険がある。イノシシの牙による突進攻撃はちょうど成人の太ももの高さに当たるため、大腿動脈を破られて失血死するケースが多く、非常に危険である。
多くの匂いに誘引性を示し、ダニ等の外部寄生虫を落としたり体温調節をするために、よく泥浴・水浴を行う。泥浴・水浴後には体を木に擦りつける行動もたびたび観察される。
特にイノシシが泥浴を行う場所は「沼田場(ヌタバ)」と呼ばれ、イノシシが横になり転がりながら全身に泥を塗る様子から、苦しみあがくという意味のぬたうちまわる(のたうちまわる)という言葉が生まれた。
ウィキペディアより

(´・ω・`) なるほど、車がぶつかってくるようなものですね。
走行中の車を大きな敵だと認識して襲い掛かってきたのかしら…?

テーマ : ニュース・社会
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。