スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

赤痢って

赤痢発症で営業自粛=東北・北海道などガスト120店-すかいらーく
 外食大手すかいらーく(東京)は31日、ファミリーレストラン「ガスト」の東北・北海道の全店と栃木県の一部店舗の計120店で同日からの営業自粛を発表した。青森、宮城、山形、福島の東北4県で15人が細菌性赤痢を発症したが、各地の保健所などによると、このうち14人がガストの11店で食事をしている。
 宮城県によると、14人の内訳は青森2人、宮城2人(うち入院1人)、山形5人(同4人)、福島5人(同3人)。福島では2歳の男の子が入院したが、入院患者は既に全員が退院し、他の患者も快方に向かっているという。
 患者が食事した11店舗は、青森は弘前城東店、宮城は仙南大河原と「おはしカフェガスト」仙台木町通の2店、山形は天童、山形上山、南陽、米沢の4店、福島は福島本内、本宮インター、須賀川、郡山南の4店。
 宮城県は29日、山形県から「患者が食事した系列店に食材を納入した工場は宮城県内にある」との連絡を受け、調査を開始。その結果、31日に大衡村の「すかいらーく仙台マーチャンダイジングセンター」で製造した食品が原因と断定し、食品衛生法に基づき同日から3日間の営業停止を同工場に命じた。
 また山形県も31日、同県内の4店に同日から3日間の営業停止を命じた。県内の患者が取った食事に共通するのは、ご飯とみそ汁のほか、ダイコン、キュウリ、ナスの漬物という。福島県は県内のガスト全22店舗に対し営業自粛を要請した。
ソース
細菌性赤痢
細菌性赤痢はどんな病気か
 細菌性赤痢は、赤痢菌により引き起こされ、血便を生じる急性の下痢症です。感染症新法では2類感染症に分類され、医師による届け出が必要です。
 日本でのここ数年の患者数は年間700~800人で、20代に患者年齢のピークがあり、14歳までの患者は全体の約10%程度です。国外感染例が70%程度で、国内では、保育園、学校、ホテルなどでの集団発生や、牡蠣(かき)を介した全国規模での感染がありました。

赤痢菌とはどんな細菌か
 赤痢菌には4種類あり、志賀赤痢菌(ディゼンテリー菌)は、志賀潔によって発見され、志賀毒素という腸管出血性大腸菌(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきん)O―157の産生する毒素のひとつとほとんど同じものを産生し、4種のなかで最も病原性が強いものです。フレキシネリ菌も典型的な赤痢の症状を示しますが、日本で多いゾンネ菌(70~80%)は病原性が弱く、軽症です。ボイド菌は、日本では非常にまれです。
 汚染された食品や水を介して感染しますが、感染に必要な赤痢菌の菌量は10~100個と極めて少なく、ヒトからヒトに、直接感染します。家庭内二次感染の危険性が高く(約40%)、とくに小児や老人に対しての注意が必要です。

症状の現れ方
 典型的な赤痢では、1~3日の潜伏期のあと、全身の倦怠感(けんたいかん)、悪寒(おかん)を伴う高熱、水様便が現れます。1~2日間発熱があり、腹痛、しぶり腹、膿粘血便がみられます。日本で多いゾンネ菌によるものは重症例が少なく、軽い下痢と軽度の発熱で経過することが多く、菌をもっていても症状のない健康保菌者もいます。

検査と診断
 便の細菌培養を行い、赤痢菌が検出されれば診断が確定します。他の細菌による下痢症との区別も、培養結果によります。迅速検査として、菌の遺伝子を検出する方法も開発されています。

治療の方法
 抗菌薬(成人にはニューキノロン系、小児にはホスホマイシン)を5日間内服します。生菌整腸薬を併用し、脱水があれば補液(点滴、経口輸液)を行います。強力な下痢止めは使いません。治療後に再度、便培養を行い、除菌を確認します。最近は、分離される赤痢菌の多くがアンピシリン、テトラサイクリン、ST合剤に耐性があるとされています。
 症状があり、蔓延(まんえん)防止のため必要と認められる場合には、保健所により、入院の勧告あるいは措置が行われ、指定医療機関における入院治療が行われます。無症状の場合には外来治療も可能です。

細菌性赤痢に気づいたらどうする
 海外旅行中や旅行後に血便を伴う下痢の症状が現れたら、赤痢を含む細菌性腸炎の可能性があります。検疫所あるいは培養検査のできる医療機関を受診し、便の細菌検査を受けることが必要です。


どこから赤痢菌がやってきたんだろう・・・?

テーマ : 本日気になったネタ
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。