スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

井の頭公園の恐怖再び?

大阪死体損壊、付近で手首など入った別の缶発見
 大阪市天王寺区東高津町の東高津公園で14日、放置されていた一斗缶(18リットル缶)から人間の頭部と、右足首から先の部分二つが見つかった事件で、さらに公園の西約100メートルの駐車場わきの路上で、異臭を放つ一斗缶が見つかり、大阪府警が中を調べたところ、左右の手首一つずつと、肩の骨三つや大腿骨、骨盤などとみられる骨を発見した。
 発表や目撃者によると、路上で発見された一斗缶は、7月下旬頃から放置されていたという。両手首は大きさから同一人物のものとみられ、大腿骨にはのこぎりで切断されたような跡があった。
ソース
(´・ω・`) 右足首が二つって…少なくとも犠牲者がふたりってことなんですかね?
井の頭公園バラバラ事件を思い出しました
事件の概要

1994年4月23日午前、東京都三鷹市にある井の頭恩賜公園のゴミ箱にポリ袋に入った人間の足首が捨てられているのを、(猫の餌を探すため)偶然ポリ袋を開けた清掃員の女性が発見した。
駆けつけた警察官らが公園一帯を捜索したところ、計27個に分断された手足・胴体の一部が袋に入って7か所のゴミ箱から発見された。袋は小さい穴のある水切り用の黒い袋と半透明の袋の二重になっており、漁師らが使う特殊な方法できつめに結ばれていた。
手足の指紋はほぼ全て削り取られていたが、わずかに残っていた指紋とDNAから、被害者は公園の近くに住む一級建築士の男性(当時35歳)と判明した。死因は不明。肋骨の筋肉繊維にわずかな生前出血の跡あり。
この事件について、目撃証言などから怨恨説や事故遭遇説、遺体の状態が複数人による組織的な犯行や異常性を匂わすことから宗教団体関与説など様々な説が錯綜していた。しかし、交友関係からは全く犯人像が浮かばず、また、犯人に結びつく物証や情報が乏しく、2009年4月23日、犯人の特定に至ることなく公訴時効成立を迎えた。犯人の動機など不明な部分が多い事件である。

発見された遺体の特徴

切断されていた遺体は、関節や臓器などを無視して長さや太さも揃えられ、電動ノコギリのようなもので20cm間隔に切断されていた。これは、公園内のゴミ箱の投入口サイズである縦20cm、横30cmにほぼ合っていた。
また、血液が一滴残らず完全に抜き取られていた。そういった作業を行うには、一般家庭では追いつかないほどの大量の水と医学的知識が必要である。さらに、手足の指紋はほぼ全て削り取られていた。遺体の切断方法は少なくとも3パターンあり、複数犯説の根拠の一つになっている。
発見された遺体は体全体の3分の1ほどで、被害者の頭部、胴体の大部分は現在も見つかっていない。残りの遺体は、事件発覚前日の22日に公園のゴミ箱に捨てられ、ゴミ収集車に運ばれ処分されたとする説もある。

被害者の足取り・目撃情報

知人と別れた直後の22日午前0時すぎには、被害者によく似た男性が被害者の最寄り駅で事件現場近くのJR吉祥寺駅デパート脇で2人の若い男に殴られていたという証言があり、被害者の遺体が発見された当日の23日未明(午前4時頃)には公園内をポリ袋を持って歩く不審な2人組の男が目撃されている。2人組の男はともに30代とみられる。
その他には、失踪したと思われる時間帯(22日未明)に人と車が激突するような物音が聞かれたという情報もあり、交通事故にあった被害者の死体を隠すためにバラバラにしたという見方も出ている。
ソース

(´・ω・`) このときは遺体がきっちりかっちり切られてたけど、今回は一斗缶に入ってたとか…
井の頭のやつもたしか、前後に大きな事件があったような…

…まさかね

テーマ : ( ゚д゚ ) ・・・・・・、
ジャンル : 日記

tag : 日記 ニュース

 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[バラバラ]町なかの公園で...

お盆のこの時期に合わせてリアルホラーか?って、冗談ですまないですねこれは。 数日
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。