スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

デニス・ホッパー、逝く。

(´・ω・`) 今朝のニュースには本当に驚きましたよ。
ガンとは前に聞いたけど…末期ガンだったんですね…

型破りで気ままなイージー・ライダー、デニス・ホッパー死去
 29日に74歳で死去したデニス・ホッパー(Dennis Hopper)は、ハリウッド映画界で俳優、監督として50年間に及ぶ波瀾万丈なキャリアを送り、名作『イージー・ライダー(Easy Rider)』で不朽の名声を獲得した。
 フランクリン・ルーズベルト(Franklin D. Roosevelt)大統領がニューディール政策をすすめていた1936年、米中部カンザス(Kansas)州で生まれたデニス・ホッパーは、第2次世界大戦(World War II)後の米国を体現した俳優・監督だった。
 映画初出演は『大砂塵(Johnny Guitar)』(1954年)。その後『理由なき反抗(Rebel Without a Cause)』(1955年)、『ジャイアンツ(Giant)』(1956年)、『OK牧場の決斗(Gunfight at the O.K. Corral)』(1957年)と出演が続いた。『理由なき反抗』の撮影中にジェームズ・ディーン(James Dean)と親交を深めたが、ディーンは1955年9月に交通事故で死亡する。
 初監督は『イージー・ライダー』(1969年)。同映画では、ピーター・フォンダ(Peter Fonda)やジャック・ニコルソン(Jack Nicholson)らと共演し俳優としても成長した。『イージー・ライダー』はカルト映画の古典的名作としての評価を獲得した。
 1970年代のホッパーのキャリアは、薬物とアルコール問題で覆われたものだった。1979年には、マーロン・ブランド(Marlon Brando)の出演するフランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)監督のベトナム戦争映画『地獄の黙示録(Apocalypse Now)』で、マリファナを吸引する写真家の役で登場した。
 一方、デニス・ホッパーは熱心なモダンアート収集家でもあったが、晩年には、14年近く連れそったビクトリア(Victoria)夫人と激しい離婚闘争を繰り広げ、「コレクションも離婚訴訟には持ちこたえられないだろう」とジョーク混じりに語ることもあった。ことし4月には、裁判所が生活・養育費として毎月1万2000ドル(約110万円)を夫人と娘に支払うようデニス・ホッパーに命じていた。
 また、政治参加の面でも、デニス・ホッパーは反抗者だった。ハリウッドの大半の人びとが民主党支持であるのに対し、ホッパーは共和党を支持し続けた。しかし2008年の大統領選では、バラク・オバマ(Barack Obama)民主党大統領候補に票を投じたことをインタビューで明かした。
 3月には、ハリウッドの殿堂「ウォーク・オブ・フェーム(Hollywood Walk of Fame)」入りを果たし、記念式典には半世紀近くにおよぶ長いキャリアで共演した仲間らがかけつけた。
 その際、デニス・ホッパーは、「人生で学んだことはすべて、わたしが旅をしてこの目で見た世界と、そして君たちから教わった。まあ、つまり君たちから全部もらった。ここがわたしの家であり学校だった。君たちみんなを愛してる。ありがとう。わたしには本当に大きな意味のあることなんだ。ありがとうみんな」と語っていた。
ソース
(´・ω・`) あたしが最初に見たのって、確か地獄の黙示録か実写マリオだったか…
そのどちらかだったような気がするなぁ…
ほぼ同時期にその映画を見たんで、どっちかは覚えてないけど、
幼心に「怖い映画の人」って思ってましたね。
「怖い映画に出てる人」なのか「怖い役柄の人」なのかは、今になっても思い出せないけど。
でも悪魔のいけにえ2にも出てたから、「怖い映画に出てる人」だったのかも?
だから未だにそんなイメージがどこかにあったりします。
そういえば、まだ彼の代表作のイージーライダーは見たことがない。
見る機会はあったけど、バイク映画だと聞いて
「バイクならいいや、今度見るよ」ってなってから、今まで見たことない。
(´・ω・`) あの時見てたら、怖い映画の人っていうイメージが変わっていたのかな…

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

tag : 日記 訃報

 
 

comment

朝からニュースなんて観ていなかったので、知りませんでした!!
ホッパー氏が死んでしまったなんて…。
イージーライダー、若いときに一度観たんですが、頭が悪くて理解しきれませんでした。
後味の悪さが、どうも受け付けなかったんだと思います。

映画イージーライダーの主題歌「ワイルドで行こう!」が、脳内を流れています。

(´・ω・`) 主題歌は聞いたことあるんですがね、映画は見たことないんですよー。

映画好きの友人が「一緒に見ない?」って誘ってくれたときに見ていればなぁ…
後味の悪さ…いったいどんな内容なんだろう…
気になってきます><;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。