スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

すごいね、ナデシコ。

なでしこ3発圧勝、初の決勝進出!沢がV王手弾…女子W杯
 ◆女子W杯 ▽準決勝 日本3―1スウェーデン(13日・フランクフルト) なでしこジャパンが圧勝で女子W杯で初の決勝進出! 世界ランク4位の日本が世界ランク5位スウェーデンを下し、五輪、女子W杯を通じ女子初のメダル獲得を決めた。日本は1―1の後半15分にMF沢のヘディングシュートで勝ち越し。さらに4分後にFW川澄のゴールで突き放し、反撃のスキを与えない圧倒的内容で逃げ切った。試合後のピッチにはなでしこの笑顔が咲き、4万5000人以上を集めたスタジアム内から大きな拍手がわき起こった。
 日本は前半10分にミスから失点を許した。しかし同19分、この日初先発出場のFW川澄が、左からのクロスにファーサイドから右足で押し込んだ。同点に追い付いた日本は、試合の主導権を握り前半を終えた。
 “女子サッカーのバルセロナ”の異名をとるイレブンは、相手の疲れが見え始めた後半にさらに圧倒した。後半14分にFW安藤のヘディングシュートのこぼれ球を、キャプテン沢が頭で押し込み今大会得点王タイの4得点目でリードを奪った。さらに4分後の同19分、FW川澄がこの日2点目となるロングシュートを無人のゴールに決めて、北欧の強豪を突き放した。
 日本は決勝でFIFAランク1位で3大会ぶり3度目の優勝を狙う米国と17日午後8時45分(日本時間18日午前3時45分)からフランクフルトで対戦する。FIFA主催の女子大会で日本が決勝に進むのは、準優勝した昨年のU―17W杯以来で2度目。五輪と年齢制限のないW杯で日本がメダルを獲得するのは、1968年メキシコ五輪の男子銅メダル以来の快挙となった。
 佐々木則夫・日本女子代表監督「ミスで失点して目が覚めて、自分たちのサッカーができた。初めて先発した川澄がよくやってくれた。(決勝は)ここ(W杯)へ来る前の米国との2敗をいい教訓に戦いたい」

 沢穂希「自分が失点に絡んだが、点が取れるという雰囲気はあった。絶対に取り返してやると強い気持ちを持って後半に入った。決勝は米国とやりたかった。絶対に金メダルを取って、日本へ帰りたい」

 川澄奈穂美「アヤ(宮間)がいいボールを上げてくれたので、走り込むだけだった。(初先発は)これまで4試合やってきたので雰囲気は慣れていて、緊張はなかった。(この日2点目は)ゴールが空いていたので、思い切って打ちました」

 安藤梢「DFラインを中心に一人一人が体を張れた。ここまできたら優勝カップを掲げたい。(決勝の相手、米国は)強豪だが、最高の舞台で倒したい」

 鮫島彩「うれしい。うまく攻撃参加できた。パス回しもなでしこらしくできたし、運動量も負けていなかったと思う」

 海堀あゆみ「ここ数試合、落ち着いてプレーできているかなと思う。長身の相手だったが、自分も高さを生かしたいと思ってやっていた」

 阪口夢穂「日本らしいサッカーができた。相手は前から積極的に取りにくると思ったが、プレッシャーなくパスを回せた。予想とは違う展開だった」

 スウェーデン・デンナビー監督「日本の方が上回っていたと思う。タフな試合だった。日本の戦術はとても優れていた。米国にとっても脅威となると思う」

 ◆女子W杯 第1回大会は1991年に世界選手権として中国で開催された。99年の米国大会からW杯に名称変更され、今大会は第6回大会。過去の優勝は米国とドイツが2度で、ノルウェーが1度。アジア勢の最高位は99年大会・中国の準優勝。日本は第1回から6大会連続出場し、95年大会の準々決勝進出が最高成績だった。
ソース

(´・ω・`) 寝れなかったので見てました。
1点は澤が入れるだろうと思ったら、案の定2点目決めてましたねぇ…
魁皇もすごいけど、澤もすごいや。
さて、銅メダル以上は確定したわけですが…メダルの色はどうなるのかなー?
アメリカとの対決かぁ…

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

tag : 日記 ニュース サッカー W杯 女子

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。