スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

この季節がやってきました。

白鵬盤石、V8へ白星発進
 八百長問題を経て半年ぶりとなる本場所が幕を開けた。大相撲を楽しみにして、この日、会場の愛知県体育館に足を運んだ観衆は5500人。定員の7割弱の入りで、野球賭博で揺れた昨年の初日より1700人も少なかった。再興への道が決して平坦ではないことは明白である。
 それだけに、肝心の土俵の話題で盛り上げたいところだったが、初日は大関とりの琴奨菊が完敗し、千代の富士(現九重親方)の通算最多勝ち星1045勝に王手を掛けた魁皇も土。そんな中、史上初の8連覇が懸かる白鵬だけが、きっちり横綱相撲を披露した。
 立ち合い、相四つの栃ノ心に鋭く踏み込み得意の右下手。相手に左上手を許したものの、出足はそこから一切止まらず寄り切った。わずか2秒6での盤石の白星に「しっかり受けてやるという気持ちで臨みました」と余裕を漂わせた。
 久々の正常開催に「感謝しながらやっていきたい」と白鵬。取組前には1月の初場所で手にした天皇賜杯を返還し、「いろんな意味の重さを感じた。あと2週間、待っていてくれという感じ」と口元を引き締めた。26歳の一人横綱は、偉業への挑戦で名古屋の土俵を熱くする。
ソース
(´・ω・`) そうです。名古屋場所です。
(´・ω・`) みんなこの暑さで忘れてるかもしれないけども、相撲の季節です。
魁皇おしかったですねー
明日勝てば、千代の富士に届くんですよね。
長くやってればそこまでいくかもしれないけど、あの年齢でもまだ大関やってるっていうんだから、そっちもまたすごい。
いつまで続くのか、どこまで勝ち星取り続けるのか、気になりますね。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : 日記 相撲

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。