スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

oh...これはちょっと怖い。

パンダ剥製80万円で売却協力、弁護士懲戒処分
 種の保存法で売買が禁止されているジャイアントパンダの剥製の売却に協力したとして、大阪弁護士会が、会員の男性弁護士(68)を戒告の懲戒処分にしたことがわかった。

 剥製を売買した男性は同法違反容疑で逮捕され、有罪が確定した。弁護士は「売買しないよう止めた」と反論しており、日本弁護士連合会に処分の不服を申し立てる方針。

 処分は6月27日付。同弁護士会や弁護士の説明によると、弁護士は2001年、ホテル経営の男性から会社の民事再生手続きを受任。03年2月、資金繰りに窮した男性から、所有するジャイアントパンダの剥製(高さ約1メートル)の売却先を紹介してほしいと頼まれた。弁護士は知人を紹介し、その知人の仲介で、04年3月に80万円で売却された。
 その後、売却相手が剥製をインターネットオークションに800万円で出品し、これに気づいた環境省が警視庁に通報。男性と売却相手は同9月、種の保存法違反容疑で逮捕され、東京地裁で有罪判決が確定した。剥製は没収された。

 弁護士は06年1月、男性から「適切な助言をしなかったため、刑事罰を受けた」として懲戒請求された。

 調査に対し、弁護士は「『これは(売却したら)あかん』と伝えた」と反論。一方、男性は「売却を報告したが、弁護士は批判しなかった」と説明したといい、同弁護士会は「法律を検討しないまま売買に協力した。弁護士の品位を失う非行」と認定した。関係者からの聞き取りに時間がかかり、請求から処分まで長期間を要したという。

 弁護士は読売新聞の取材に、「『大量に所蔵する美術品を売却したい』との話だった。売却品の写真を示され、剥製があったので売らないように言った。弁護士会はこちらの言い分をきちんと検討していない」と話している。
ソース
(;´・ω・`) 最近、アルマジロの剥製がほしいなぁと思ってるあたしはちょっとびっくりしました。
なるほど…売買が禁止されてる剥製もあるんですか…
ちょっと詳しく調べておかないとダメかもしれんですね、コレ…
もしかしたらアルマジロの剥製もアウトなのかもしれないし…

事前にきちんと調べておこうっと…orz

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。