スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

超重量!?

爆発噴火の前に周辺の重力減少 新燃岳、予測応用に期待
 霧島連山・新燃岳(1421メートル)で散発的に続く爆発的噴火で、爆発の数時間前に周辺の重力がわずかに減少していたことが、東京大学地震研究所の調査で分かった。今後の噴火予測に役立ちそうだ。
 同研究所の大久保修平教授らは8日、新燃岳山頂から北西に数キロ離れた地点に高精度の重力計を設置。爆発的噴火があった11日と14日、それぞれ噴火の10時間ほど前から重力が減り、2~3時間前に減り幅が最大になって、爆発時までに元に戻る現象が観測された。重力の減少幅は、最大で数億分の1程度だった。
 観測点の地下数キロには、マグマだまりがあるとみられている。研究チームは、爆発直前にマグマだまりにマグマやガスがたまった影響で、重力が減少したとみている。
 長期的にみても、観測開始後10日間ほどで、全体で重力が3億分の1ほど減っており、継続的にマグマが増えている可能性があるという。
 東大は今後、気象庁など関係機関にデータを定期的に提供する方針。大久保教授は「今後、さらに大きな噴火の予兆をつかまえられる可能性がある」と話している。
ソース

(´・ω・`) それなら、去年のエイヤフィヤトラヨークトルの火山のときは、どれくらいの重力変化があったんだろうか?




(´・ω・`) これが例のアイスランドの火山。
アイスランドも火山大国らしいので、こういう火山観測はやってそうだけど…
でもエイヤフィヤトラヨークトルは氷河ですからねぇ…
観測しにくそう。


(´・ω・`) 新燃岳です。
やっぱ火山の形状が違うからか、微妙に噴煙の上がり方や爆発の仕方が違うような気がしますね。

そういや、エイヤフィヤトラヨークトルのときは、地球の気温が下がったとかって聞いたけど、新燃岳の場合はどうなんだろうか?

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース 新燃岳 火山

 
 

comment

(´・ω・`) なんか知らんけど、大量に住所と電話番号書いてあったので消しときましたよっと。
火山と関係ない内容だったし、誰だか知らない人のものだったので。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。