スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

天鼠、蚊食鳥…

コウモリと人間の意外な共通点
数多くいる哺乳類の中で、唯一飛ぶことができる夜行性の生物、コウモリ。不気味な容姿や、その習性から「吸血鬼」などと表現されることもあります。
そんなコウモリに人間との意外な共通点が発見されました。グライフスヴァルド大学のジェラルド教授らが行った、ドイツでの5年に及ぶ追跡研究で、彼らが人間と類似した社会構造を持ち、長期にわたって家族や仲間と親密であり続けることが判明したのです。
研究チームは、約2万匹ものコウモリを対象に調査を進めました。それによると、コウモリは非常に安定した社会構造を築いて生活しているというのです。彼らは基本的に、グループで行動を共にしますが、そのなかでグループ間で自由に行き来し、継続する友好関係を築きます。こうした傾向は、チンパンジーやイルカ、象など高い知能を持つ哺乳類や霊長類、そして一部の肉食動物にもみられるそうです。
このように頻繁にグループを行き来する行動を、「分裂融合」と言います。これを繰り返すことにより、強固な結びつきを維持することができるのです。また、コウモリの分裂融合は、長期データが不足していると言われている「動物が持つ社交性の進化」を理解するのに、大いに役立っています。

さらに、分裂の少ない安定したふたつのコウモリの群れを比較すると、全く異なる血統・年齢・サイズ・社会的地位で構成されていることが判明しました。バラバラな個々によって安定した社会が生まれるという事実は、人間社会と全く同じです。様々な交流を経て、コウモリは仲間を持ち家族を持って、その結びつきをほぼ継続しています。その親密さは、もしかすると人間以上かもしれません。
秩序がありながら多様性に富んだ社会を持ち、家族や仲間と生涯にわたって友好的であり続けるコウモリ。高度な知能を持つ生き物にとってその特性はまさに、生き抜くための術。動物と言えども、社会性は不可欠なようです。
ソース

(´・ω・`) 天鼠、蚊食鳥はコウモリの別名です。
ついでに蚊食鳥は夏の季語だったりします。
大寺や 椽の下より 蚊喰鳥
っていう句がありますな。

しかし、こういう研究って面白そうですよね。
そういえばこういう会があるの、ご存知ですか?
こうもりの会っていうんですが、イギリスの湖水地方の人たちがコウモリの保全に力を入れている団体だそうで…
リンク先は日本の支部だそうですよ。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

tag : 日記 豆知識 コウモリ

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。