スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

エジプトの文化財は無事なのだろうか?

エジプト、止まらぬ退陣要求デモ 内閣総辞職も収まらず
 29年間にわたりエジプトを統治するムバラク大統領に対する退陣要求デモが収まらない。大統領は29日未明に内閣を総辞職させると発表したが、市民は独裁体制には変わらないとして一夜明けた29日も首都カイロで数千人規模のデモを展開した。デモは5日連続でロイター通信によると、死者は74人に達した。アラブ諸国の盟主であるエジプトが動揺すれば対イスラエル政策を含む中東地域の安全保障や湾岸産油国などへの影響は避けられない。
 エジプト政府は同日、閣議を開き、全閣僚が辞任。同日午後にも新内閣が発足する見通し。ただムバラク大統領はとどまるため、退陣要求デモは続いている。新内閣の閣僚も長年、大統領とともにエジプトを統治してきた与党・国民民主党(NDP)関係者が大半を占める見通しだ。
 国内では高速回線によるインターネットへの接続はできない状態が続いているが、市民は低速回線で接続。「ツイッター」で29日午後からのデモを呼びかけている。
 AFP通信によると同国東部のイスマイリアでは同日、デモ隊と治安当局が衝突。カイロ中心部でも市民が集まり大統領の退陣を要求した。25日のデモ発生以降、約2500人が負傷した。市内では複数のショッピングセンターが略奪にあうなど治安が悪化している。軍は29日、夜間外出禁止令を順守するように警告した。
 親米穏健派であるエジプトの政権が崩壊すれば、イスラエルを中心とする中東諸国の安全保障が揺らぎかねない。エジプトはイスラエルと平和条約を結び、首脳同士も年1回ペースで会談。中東和平交渉でもイスラエルとパレスチナ自治政府の仲介を積極的にこなしており、エジプトの外交方針が変われば地域への影響は大きい。イスラエルでも「(政権が転覆して)イスラム原理主義者が台頭する」(現地メディア)との懸念が浮上している。
 混乱が長期化すれば日本企業のビジネスにも影響を与える。日産自動車は現地工場で「サニー」を生産して国内で販売しているほか、トヨタ自動車は組み立て工場の設置をする。東芝も液晶テレビ工場を建設する。近年はトルコや東欧の人件費が上昇しているため、安価な労働力や将来性があるとされる国内市場を狙ってエジプトに進出する製造業が多い。
ソース

(´・ω・`) こういう暴動や戦争のときに気になるのが、文化財や美術品の安否です。
イラク戦争のときもそうだったけど、歴史的に価値のある建物や物品の盗難や破壊がありましたよね。
正直、それがショックでね…
エジプトも世界四大文明の一つですし、少なからずそういう被害はあるのかなって…
死者も出てるし、普通のデモじゃ終わらないような気がする。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース エジプト 暴動

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。