スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

リコリス菓子を食べてみたよ

(´・ω・`) 今日、妖夫さまと一緒にIKEAへ行きましたよ。
先日買ったミシン用の台が欲しくて…

んで、

いつも帰り際にIKEAの食品コーナーに寄るんですが、毎回毎回気になってた商品があったので買ってみました。
ちなみに買うときに店員さんに「こちら、お食べになったことございますか?」と声をかけられました。
なんでも独特の味がするとかなんとかって…

まあ、前々から気になってたしいいかなぁと思って><
それに海外の食べ物って日本とちょっと変わってる味付けのものが多いし、ものはためしだと思ってね。

それで買ったものがこれ↓
リコリス菓子
(´・ω・`) リコリス菓子です。なんか邪悪な顔してますね、コイツ。
中身はこんな感じ。

リコリス菓子
パッケージにあるように、お魚の形をしています。

(´・ω・`) さて、そもそもリコリスとはなにか…
リコリス、別名カンゾウ(甘草)と書きます。
よくきく生薬成分に配合されてるアレです。
カンゾウは主に鎮痛、抗炎症、胃痛、鎮咳去痰、解毒、十二指腸潰瘍などにすぐれた効果をあらわし、かぜ薬にも用いられているそうです。

んで、原料名を書くと…
Sugar(砂糖),glucos-fructose syrup(果糖シロップ)
maize starch(コーンスターチ),water(水),
ammonium chloride(塩化アンモニウム),liqourice(リコリス)
vagetable oil(油脂),flavourings(香料),stabiliser(安定剤)
一部翻訳しました。
ちゃんと材料名書いてあるんですがね、膨張材と翻訳されてるところが気になって…

で、でてきました。
リコリス菓子には入っているということで有名なあの塩化アンモニウムが。
(´・ω・`) こいつが厄介なんだそうで…
あの悪名高いサルミアッキにも入っているそうな…

まあ、普通に売ってるんだし、別にそこまでいうほどじゃないだろうと、食べてみました。

すると…








硬い…




あれ?甘…え?ssッしょっぱwっうぇwまっずううううううういいひゃっひゃっひゃ
アヒャヒャヽ(゜∀。)ノヒャヒャヒャ






…取り乱しました。




ちなみに妖夫さまも思わず無口になるお味でした。
不味い原因はやっぱアンモニアが原因ですね。アンモニア臭さがなければ、大丈夫かもしれんです。
アンモニア臭があるから、なんかくっさい歯磨き粉固めて食べてますって感じがするんでしょうね。

で、今これを書くのにもう一度食べてみたところなんですが、薬と思って食べてみて、ウーロン茶飲んでみたら案外平気だった自分が怖い。
むしろクセになってる自分が怖い…

ウーロン茶無双です。
お茶と薬じゃ相性悪いかもですけどねぇ、なんか身体に効きそうな気がしますよっと。

まあ、言いだしっぺのあたしこと妖婦・ひーちゃんが全部責任とって食べますがね。


しかし、まっずいのがこのリコリス菓子だけで、他のリンゴンベリーのジャムとかケーキとかがすっごい美味しいのが不思議でならないですわ。
ミートボールもサーモンラップも美味しいのに…栄養のためと思って食べてるのかなぁ…?
まあ、分かりませんがね。

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

tag : 日記 リコリス菓子 レポ お菓子 グミ スウェーデン

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。