スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

早く戻れるといいね

(´・ω・`) 昨日の報道で見てましたが、思ったよりも早く地下と繋がってよかった…

チリ落盤事故、13日から救出作業開始
 チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山の落盤事故で、ゴルボルネ鉱業相は9日、深さ600メートル以上の地下避難所の周辺に閉じこめられている作業員33人の救出作戦が13日にも開始されるとの見通しを明らかにした。

 救出作戦にはカプセル「フェニックス(不死鳥)」を使い、順調に進めば、作業員全員の救出が15日までに完了する見込みだ。
 カプセルを通す救出用の立て坑(全長624メートル、直径約70センチ)が9日朝、避難所に通じる坑道まで貫通した後、地質専門家らが岩盤などの安全性を確認。地表から96メートルまでの内部を鋼鉄製の円筒を使って補強することが決まった。
 補強作業は9日夜から10日にかけて行われ、その後、カプセルを引き上げるための巻き上げ機を約2日間かけて設置する。計画通りに進めば、作業員は8月5日の事故発生以来、2か月余りの地下生活を経て、帰還を始めることになる。
ソース
(´・ω・`) 一番最初の報道だと、早くてクリスマスくらいになるだろうといってたけど、それよりも2ヶ月も早く繋がりましたね。
(´・ω・`) 世界中から救出のために人が集まったり、技術者が集まったりして、一生懸命でしたからね。
地上に出てすぐ太陽を見てしまうと目を傷めてしまうから、夜間で救出作業を行うとか。

そんでもって今回もまた千羽鶴が現地に送られたそうですよ。
だから千羽鶴は日本国外だと、いったいどんなものかわからずに、結局はゴミになってしまうとハイチ大地震と時に話題になったんじゃなかったのかと。
現地で欲しいのはそういうモノじゃなくて、生きるために必要な物資だっていうのに、忘れちまったんですかい?
千羽鶴の分だけ、生きるために必要な物が積めなくなると、ハイチで救護活動してた人が言ってたのにね。
千羽鶴を作ろうとする気持ちは大事だと思うけど、気持ちだけでお腹はふくれないでしょうっていうハナシですよ。

今回の落盤事故で送られた千羽鶴がどうなったかは知らないけどね。

(´・ω・`) それはそうと、早く地上に出れたらいいですね。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。