スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

何故このタイミングで?

(´・ω・`) なんかたくらんでるのかしらと考えてしまいます。
でも無事に開放されたからよかったです。

中国で釈放の高橋さん、上海に到着 「疲れました」
 中国河北省石家荘市で軍事管理区域に侵入し撮影したとして、中国国家安全機関に拘束された準大手ゼネコンのフジタ社員ら4人のうち、1人だけ「居住監視」が続いていた上海現地法人社員、高橋定さん(57)が9日釈放された。同日夜、航空便で上海浦東国際空港に着いた高橋さんは「疲れました」と2度繰り返し、19日にわたる居住監視の疲れをにじませた。日本国内で見守っていた社員や家族は「ほっとした」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 関係者によると、高橋さんは10日午前8時55分(現地時間)上海虹橋空港発、午後0時半羽田空港着の航空便で日本へ帰国する見通し。

 高橋さんを乗せた中国東方航空5640便は当初予定より約30分遅れて9日午後7時(日本時間同8時)すぎに浦東国際空港に到着。フジタの現地法人のスタッフや在上海日本総領事館員らが出迎えた。高橋さんはネクタイのない紺色背広姿。足取りはしっかりしているように見えた。

 到着ゲートを出て総領事館が用意した車に乗り込むまでほとんど無言だったが「軍事管理区域には知っていて入ったのか」という報道陣からの質問には「知りませんでした」と答え、市内にある総領事公邸に向かった。

 北京の日本大使館によると、中国外務省から9日午後、高橋さんについて「居住監視の解除を決定した。石家荘を離れるには法的な手続きが必要」と通知があった。石家荘の空港から上海に向かう際に面会した大使館員によると、高橋さんは元気な様子だったという。

 高橋さんは、旧日本軍の遺棄化学兵器処理事業の入札に向けた調査のため、東京本社所属の2人と現地法人の1人とともに9月20日に河北省石家荘市に入った。同市内で下見をしていた際、軍事管理区域に許可なく侵入、不法に「軍事目標」を撮影したとして、軍事施設保護法違反の疑いで拘束された。

 高橋さんを除く3人は同月30日に釈放され、翌10月1日に帰国したが、高橋さんだけが取り調べのため当局が指定した場所に留め置かれる「居住監視」が続いていた。
ソース

(´・ω・`) そういえば、ノーベル平和賞受賞することになった天安門事件の劉さんですが…
なんか連絡が取れないっていう話だけど、あれはどうなったんだろう?

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。