スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

マウスはラットを、じゃあ人間は?

(´・ω・`) これはすごい進歩。
iPS細胞で異種の動物臓器
体のあらゆる組織や臓器になるとされるiPS細胞を使って、マウスの体内で大型のネズミ、ラットのすい臓を作ることに東京大学のグループが成功しました。iPS細胞の研究で、異なる種類の動物の臓器を作り出したのは初めてです。
東京大学医科学研究所のグループではiPS細胞が異なる種類の動物に移植した場合でも臓器になるか確かめるため、遺伝子操作で、すい臓ができないようにしたマウスの受精卵と大型のネズミ、ラットの皮膚から作ったiPS細胞を使って実験しました。受精卵にiPS細胞を入れてマウスの子宮に戻した結果、本来ないはずのすい臓を持ったマウスが生まれ、すい臓が正常に働くことを確かめたということです。さらに、iPS細胞に由来するか確かめるため、あらかじめ目印として組み込んでいたたんぱく質が、すい臓の一つ一つの細胞に含まれていたことから、研究グループでは、このすい臓はラットのiPS細胞から作られたものだとしています。iPS細胞の研究で、異なる種類の動物の臓器を作り出したのは初めてです。研究に当たった中内啓光教授は「ヒトの臓器を動物の体内で作って患者に移植する、異種移植の基礎技術になると思う。今後、ブタやヒツジなどでも同じ結果が得られるか確かめたい」と話しています。
ソース
(´・ω・`) これで歯や視神経やらいろいろ作れるってことになるんすかね?
あたしが子供の頃に思い描いていた医療の世界がこれから広がるってことなのかなぁ。
iPS細胞で未来の医療の世界がもっと開けていくんだろうなぁ…

tag : 日記 ニュース iPS細胞

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。