スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

恐竜大混乱

(´・ω・`) こりゃ改めて名前と分類を覚えなおさないといけなくなるのかな?

トリケラトプスが教科書から消える?
まだ最終結論までは出てないんですが...

米国はモンタナ州ボーズマンにあるロッキーズ博物館におきまして、恐竜界でも非常に有名なトリケラトプスが、実はトロサウルスの子どもの頃の姿に過ぎないという衝撃の発表が先月出されて以来、何かと物議を醸しているみたいです。えっ、お馴染みのトリケラトプスという名前も消えちゃうのかな?
どうやら1800年代後半にトリケラトプスとトロサウルスの両方を発掘したオスニエル・マーシュ古生物学者が、そもそも2つの全く異なる形にしか見えない化石を見て、別々の恐竜として発表してしまったのが事の始まりだったようですが、ロッキーズ博物館の古生物学者であるジャック・ホーナーさんおよびジョン・スカネラさんの両名が、改めて29のトリケラトプスの頭蓋および9のトロサウルスの頭蓋の化石を徹底調査した結果、トリケラトプスとトロサウルスは同一種であり、トリケラトプスが成長を遂げたものがトロサウルスだったとの結論に至りましたよ。
たとえば、以前にも草食恐竜のブロントサウルスは、実は成熟前のアパトサウルスの姿に過ぎなかったことが判明し、古生物学上は片方に統一されてしまう経緯を経たそうですから、トリケラトプスかトロサウルスも、どちらかが名前の上では消えて1本化すべきでは...なんて話が出てきてるみたいです。恐竜ファンとしては、どちらも残しといてほしいような気もするんですけどね~
ソース

(´・ω・`) 発見順からいうと、トリケラトプスの方が先だったような気がするけど、あれは発見順から名前が変わるんだったっけかな?
ちなみにこれがトロサウルス

これがトリケラトプス

並べるとこんな感じ。
トロサウルス+トリケラトプス

(´・ω・`) あと、恐竜が絶滅しても生き残ってたのがトロサウルス、一緒に絶滅しちゃったのがトリケラトプスって書いてある恐竜の本もあったなぁ…
あれも中身、かわっちゃうんだろうな。

(´・ω・`) あとブロントサウルスが実はアパトサウルスだったとか、それも驚きですよ。
ぶっちゃけ、ブロントサウルスのほうがなじみ深いです。雷竜(かみなりりゅう)のブロントサウルス。
アパトサウルスは惑わす竜、だったっけかな?
別々に覚えてましたよ。それがまさか一緒だったなんて…ねえ?

もう一度恐竜について調べてみよう。
(´・ω・`) 昔からそれなりに好きだったけど、こんなに分類や名称が変わるとねぇ…

(´・ω・`) おまけ。
図入りで詳しく書いてあるサイトがあったのでリンクしておきますね。
トロサウルスはトリケラトプスだった!|川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

tag : 日記 ニュース トロサウルス トリケラトプス

 
 

comment

>発見順からいうと、トリケラトプスの方が先だったような気がする
そのとおりです。GIZMODOの記事は間違いで、実際は先に見つかったほうに名前の優先権があります。ブロントサウルスが消えたのもアパトサウルスに優先権があったからです。

(´・ω・`) あ、やっぱりそうでしたか。
それならトリケラトプスじゃなくて、トロサウルスが消える可能性の方が大きいですね…
なんかティラノサウルス・レックスの例があるから、どうなんだろうと思ってました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。