スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

なんだかなぁ

(´・ω・`) ちょっと気になるニュースがあったので。

県警は取材自粛要請…日テレ「判断甘かった」
 「結果として判断が甘かった」。埼玉・秩父のヘリ墜落現場を取材中の日本テレビの記者とカメラマンの2人が死亡した事故で、同社幹部は反省の言葉を口にした。
 ただ、現場はベテランでも命を落としかねない危険な山で、地元県警は取材自粛要請を出していた。なぜ2人はガイドと別れて山に戻ったのか、登山装備は適正だったのか――。
 東京・汐留にある日本テレビ本社ビル18階の会議室。1日午後4時からの記者会見に集まった50人以上の報道陣の前で、細川知正社長は「有能で意欲的な2人を失い、残念な思いでいっぱい。原因を究明し、再びこういう事態が起こらないようにしたい」と陳謝した。
 同社によると、亡くなったカメラマンの川上順さん(43)は、アラスカやチベットでの取材経験もあり、同社の山岳取材の中心的存在だった。ヘリ墜落事故では地上から現場に向かうことを希望し、最終的に「ガイドをつけ、小型カメラで1日限り」という条件付きで報道局社会部長が許可した。同じく亡くなった記者の北優路さん(30)は登山経験が乏しかったが、事故発生時に取材したことから本人が同行を望んだという。
 2人は7月31日午前6時前、「今から入山します」というメールを最後に、上司とは連絡を取れなくなった。その後、いったん下山したが、午前10時頃、ガイドと別れて2人だけで再度入山していた。
 一度下山した理由については埼玉県警と同社との間で見解がわかれた。同社は、同行した山岳ガイドが「これ以上行くのは危険」と判断したとする県警の説明を否定し、杉本敏也・報道局次長が「取材はほぼ終了したという(ガイドの)認識だった」と強調した。
 沢を登るときはTシャツ姿だったが、「それほど不適切な服装とは考えていない」と説明し、事故時の装備は「確認できていない」と繰り返した。
 さらに、再度2人だけで入山した経緯については、杉本次長は「事前の打ち合わせと違う行動で、私どもも一番知りたい」と戸惑った表情を見せた。
 取材の自粛要請が出ていたことについては、「適正な装備、十分な準備をすれば、取材は可能ではないかと判断した」と説明したが、「結果として判断が甘いという指摘は免れない」と認めた。
ソース
(´・ω・`) なんつーか、アステカやチベットの経験者がいるってのに、地元のガイドが引き返そうといったのに、なんでそんな取材強行するんですかね?
しかも、なんかTシャツにジャージっていう装備だったそうじゃないですか。
なんだか去年のトムラウシでの判断ミスのことが頭によぎりましたよ。
取材するにも「確実に安全」だと判断されない状況でなんで行く?
警察も取材自粛要請してるのに。
紛争地域で取材しなきゃいけないとか、そういうのはまあ別としてでも、なんで?

そんでもって、沢で遭難した人とヘリの人たちと日テレの社員さんたち…ってなんか犠牲が続いているように思えて怖いですよ。
[追記]
いくらなんでもこれは続きすぎだろう…
442 イラストレーター(アラバマ州) :2010/08/01(日) 12:57:34.14 ID:/uqMTWtj

埼玉ヘリ墜落関連まとめ

現場:笠取山の北側「ブドウ沢」(埼玉県・山梨県の県境)
気象:ヘリ墜落の7月25日午前10時40分ごろ、秩父地方に大雨、洪水、雷注意報が出た。
   熊谷地方気象台の観測では、墜落後の同11時半ごろ急速に雨雲が発達。
   24日から県内の上空に寒気があり、大気が不安定な状態だった。

7/24 8人で沢登り開始。ワイヤー伝いに滝つぼ上方を移動。
7/24 pm4:00頃、2番目に移動していた女性が滝つぼへ転落(他メンバー落下に気づかず)
7/24 暫く後、落下に気づく。携帯電話が圏外の為、山頂まで移動。
7/25 午前8時30分(たっぷり睡眠?)埼玉県警へ救助依頼。
7/25 ヘリ救助隊の2次遭難・・・死者5名 (ヘリ墜落)
7/25 登山ブロガーの3次遭難・・・死者1名 (50m滑落)
7/26 沢登りメンバー7名無事下山。
8/01 日テレスタッフ4次遭難・・・死者2名 (?)

こんな感じ?拾い集めてみたんだけど。
ソース


んで、ここまで書いておいて、ツイッターで気象庁のアカウントから興味深い話があったので載せておきます。
ある意味で山と関係してるけど、こちらは天災。
1967年の8月1日
北アルプス西穂高岳独標で、
世界の落雷事故の中で最大といわれる惨事が起こりました。

長野県の松本深志高校の
教諭5名を含む46名が落雷に遭遇し
11名が死亡
14名が重軽傷を追ったのです。

集団登山中の一行が
西穂高岳独標にさしかかったときに
天気が急変し、ひょう交じりの激しい雷雨になり
落雷が起きました。
頂上付近にいた生徒から
次々に人から人へと電流が流れたようです。

そして、この痛ましい事故が1つのきっかけとなって
医学・理学・工学の3分野の専門家たちから成る研究グループが発足。
落雷事故の調査や人形を使った実験などを長年にわたって続けたことで
落雷が人の体に与える影響などが明らかになりました。

雷について(藤枝知行)
にもありますが
上に書いたグループの調査から分かった
雷に対する注意点などをまとめてみます。

結構、誤解されていることなのですが
・雷鳴が小さい⇒雷が遠い
・光ってから音が鳴るまで時間がかかる⇒雷が遠い
は誤り。

雷雲の半径は、大体10キロ
そして雷鳴の聞こえる範囲も大体同じで10キロくらい。
ですので、ゴロゴロと聞こえ始めた時には
既にかなり近い所で放電が始まっているのです。
外にいて、雷鳴が聞こえたら
すぐに安全な場所に移動する必要があります。

では、安全な場所とは?
・しっかりとした建物
(トタン屋根の小屋やテントなどは安全ではありません。
これらの中では、姿勢を低く保って雷の過ぎるのを待ちましょう。)
・自動車やバス、電車の中(ただし、窓から体を出してはいけません。)
・建物が近くにない場合…“高さ5m以上30m以下"の鉄塔や建物の側(※ただし、木は例外!!)
⇒このような高い物体から4m以上離れた所で、姿勢を低くしていれば、あくまで“比較的"安全。

反対に
落雷の危険性の高い場所や行動は?
・木の側⇒上に※木は例外!!と書きましたが、非常に危険なのです。
木に落雷があった場合、この幹や枝から側にいる人に電流が流れます。
・傘やゴルフクラブなどの長いものを高くかかげるのは危険。
(雷はとにかく高いものを狙って落ちる。)
・身に着けている金属を外す⇒安全 は誤解!!外すよりまず避難すべき。
(実験で、ヘアピンなどの金属の有無で、落雷の確率に違いがないことが実証されています。)
・底がゴムの靴⇒安全 も誤解です。
(ゴムには確かに絶縁効果はありますが、雷の前では全く歯が立ちません。)

夏休み中ということで
外でのレジャーを計画されている方も多いでしょう。
晴れている日でも、
気温が高くなれば、大気の状態が不安定になり
雷雲が発達しやすくなります。
ついつい、自分の所に被害は及ぶまい…と思いがちですが
毎年、特に夏には落雷による事故が多発しています。
十分に注意して行動するようにしましょう。
ソース

tag : 日記 ニュース

 
 

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。