スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

昇進おめでとう。

新大関・稀勢の里「大関の名を汚さぬよう精進」 師匠の遺影の前で決意あらた
 先代鳴戸親方(元横綱隆の里)の遺影が見守る前で昇進の知らせを受けた。

 「ありがとうございます。謹んでお受け致します。大関の名を汚さぬよう精進します」

 冒頭は緊張で声がかすれたが、しっかりとした口調で口上を述べ上げた。自分で考えたという口上は、四字熟語を織り込まずシンプルなもの。その意図を新大関は「今の自分の気持ちをストレートに表現したいと思った」と、相撲っぷり同様にけれん味なく語った。

 初土俵から番付を駆け上がったが、三役で足踏みが続いた。「いろいろな人の期待に応えられないことが多かった」。大器の呼び声が高かっただけに結果が出ない苦悩は大きかった。愛弟子の背中を押したのは、“土俵の鬼”こと初代若乃花を師に持つ先代の叱咤だった。「熱い言葉に、ここで終われないという気持ちはいつもあった」。猛稽古を続ける原動力になった。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

tag : 日記 ニュース

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。