スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

キツそう、だけど有効かも。

わさび イグ・ノーベル賞に
ノーベル賞のパロディーとして「人を笑わせ、考えさせる」独創的な研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」に、わさびのツーンとした匂いで火災を知らせる警報装置を開発した滋賀医科大学などの研究グループが選ばれました。
「イグ・ノーベル賞」は、アメリカの科学雑誌が20年前からノーベル賞のパロディーとして始めたもので、人を笑わせ、考えさせる独創的な研究や開発に、毎年、贈られています。ことしは、心理学など10の部門で賞が贈られ、29日、アメリカのハーバード大学で授賞式が行われました。このうち「化学賞」には、わさびのツーンとした匂いで火災を知らせる警報装置を開発した滋賀医科大学の研究者や化学薬品メーカーの開発担当者など、日本人7人のグループが選ばれました。研究グループでは、聴覚に障害がある人などが、特に寝ているとき火災警報器の音に気付きにくいことから、代わりに刺激のある匂いで目を覚ますことができないかと開発に取り組んだとしています。滋賀医科大学の今井眞講師は、授賞式のスピーチで「この研究は実験に参加してくれた聴覚障害者の方々からの宝物です。でも間違っても、寿司やそばには使わないでくださいね」と冗談を交えながら受賞の喜びを語っていました。ことしのイグ・ノーベル賞は、このほか、車を運転中に長時間トイレを我慢したときの判断力への影響を調べた研究などが受賞しました。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 日記 ニュース

 
ブログ以外の運営
Famiglia Nera
本館:イラストサイト
Twitter

Pixiv(※一部成人絵あり)
Suimy

Famiglia Nera
[ 妖婦の日常劇 ]
旧ブログ
現身
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
お気に入り
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。